易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

牛の病を占った例

田中谷水という人が、牛の病気を筮し、
謙之蹇 を得たという占。
(筮法は三変筮以外ですね)


そして、このように占考しました。

  • 謙には体力衰弱の意がある。(艮体が坤の衰弱)。
  • また謙には重きを負うて労する象あり(一陽が衆陰を荷う)。
  • 之卦の蹇は足の難み。(蹇はあしなえ)

よりて、この牛は力弱きにもかかわらず、
重荷に耐えて山坂を越え、足が萎えたのだろう。

なお、謙、蹇のいずれにも、
冷えて血留まり、足の難みとなる意がある。
(謙には震アシ、坎チ・ヒエ、艮トドマルの象)
(蹇はあしなえの卦で、坎、艮あり)


それゆえ、針治療をして、
瘀血(オケツ)を去れば治るであろうと断じた。

果してその通りであったと。

(典拠:加藤氏 「易学病占」)