易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

2021-04-24から1日間の記事一覧

La Chartreuse de Parme

「パルムの僧院」(1839)を読んでいます。 182年前の小説だなんて信じられな~い。バルザックはこの小説を三度読み、 長い論文を書いています。「マキャベリが19世紀に生きていて、 イタリヤから追放されたら 書いたであろうような」小説。バルザックは「パ…

必死に政治調整

西浦博教授が 日本政府のコロナ対応に絶望 「IOC会長の来日に合わせて宣言終了なら この国は終わりだと思う」「五輪が足枷に」johosokuhou.comてか、終わらせて、 新たに出直さなければ、 だめなんじゃないだろうか、 この国は。宮台先生が云うように。

吉辞に条件あり

易経の吉辞というのは、 「条件付き」であることが多い。例えば、 風雷益の初爻・・利用為大作。元吉。无咎。 もって大作を為すによろし。元吉。咎なし。「大仕事をなすによろしい」 とありますが、しかし、 ここで大喜びしてしまっては、 いわゆるシロウト…