易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

2020-12-04から1日間の記事一覧

バルザックの読みにくさ

バルザックの小説は、 家屋や家具調度類の説明が長い、 ということのほかに、 こういうところが読みにくい。たとえば、 犬神魔太郎という、 登場人物がいるとする。読みにくさを具体的に記せば、 こんな按配です。× × × × 犬神は馬車に乗って、 容疑者の家に…

卦の名と形

某氏のtwitterにこうありました。 水雷屯の様に卦象 *1 の上に水とか雷と、 言う様につけて呼ぶのは、 新井白蛾の工夫なんですね。 当たり前の様に使ってたけど。 へ~、そうなんだ、と思い、 そう云われれば、震下坎上 屯 のようにしか、 古い易書には書い…