易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

2020-08-27から1日間の記事一覧

繋辞伝にあった

震を墓標の象とするのは、 たしか繋辞伝じゃなかったか・・ そう思ってページを繰ると、 「樹を植えて墓標とする」 という〈解釈〉が岩波易経にあった。 同ページには、雷天大壮を 家屋とするという記述もあった。 以前当ブログで「建築の卦」として、 アレ…

奇書・易経

易経を読むとは、 卦。 爻。 辞。 を読むということ。学者の書いた 「論文」を読むのとは、 少し事情が異なります。× × × × 卦・爻を読む。 ⇒記号化された形を読むこと。 窪田般彌 訳 アポリネールの詩 たとえば、 このような詩を読むのと、 似ているのかも…