易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

2019-08-22から1日間の記事一覧

重言如

賁如、濡如・・など、 爻辞において 「如」 字を重ねて言うのは、 ゆらめきや迷いの表現であるようです。 易中凡重言如者、皆両端不定之辞。 (折中案) 易中、凡そ重ねて 「如」 を言うものは、 皆、両端定まらざるの辞なり。屯の六二。 賁の九三。 賁の六…

易占とは

昭和初期の文章に、 易占の定義がありましたので、 参考のために載せておきます。 易占とは、六十四通りの時の流れ、則ち卦(時)を占ひ、更に其の刻(爻)を見出し、其の際の情勢や地位とに照らし合わせて易辞の誨(おし)ふる所に考へ合わせて、過去と将来…