易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

2019-08-13から1日間の記事一覧

賁を嘆く

ある時、 孔子が自らを筮したところ、 山火賁を得たということです。 孔子があるとき卦を立ててみたところ、この 「賁」 を得て、天を仰いで嘆息し、なぜか心楽しまぬ様子であった。弟子の子張が進み出てたずねた。 「賁は吉卦であると聞いていますが、どう…

正ヲ履ム

本日の甲子園で、 履正社の試合があった。「履正」・・正しきを履み行う。チト易辞のようでもある。剛健が尊位を履めば、 それは正しきを行うことになる。ヤマ~ダ、哲人ぉ・・ は履正社出身か。