易経を読むブログ

易の 辞・変・象・占 について記しています。読書、日記、時事も。無断転載禁止。

2019-04-03から1日間の記事一覧

村の司祭

バルザック 「村の司祭」 を購入しました。 バルザック全集 第21巻 所収の小説です。国分寺の古書店にて。均一のスペースが増えました 店内も広くなっています pic.twitter.com/y5CH6fQGZq— 古書 七七舎 (@Books77sha) 2019年3月23日

悪と群れる

孚于嘉。吉。 (随九五) 君子を信じることは、吉運のもとである。孚于剥。有厲。(兌九五) 小人を信じることは、悪運の兆しである。 ・・と、 こんなふうに訳してみました。誠実でない御方と係わることは、 悪運を引きつける要因となりますから、 たとえネ…

「嘉」について

沢雷随 九五。 孚于嘉。吉。この 「嘉」 字についてです。嘉謂二也。 傳曰嘉偶曰配而昏礼為嘉。 故易凡言嘉者其配也。 (蘇軾) 嘉とは二をいう。 伝に嘉偶を配といい、昏礼を嘉と為すという(出典不明)。 そのため、易でおよそ嘉とは配をいうのである。 (…